インフルエンザから肺炎になりCOPD(慢性閉塞性肺疾患)になってしまった母親の話

母が呼吸困難で救急搬送されました。インフルエンザから肺炎になってしまったことが原因です。発熱は37度代とさほど高くなかったのですが、ひどい咳と息切れが急速に悪化して呼吸困難に陥ってしまいました。

結果から申し上げますと、母はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断されてしまいました。

母は一人で暮らしています。実の娘である私は母の家から徒歩5分ほどの場所に住んでいます。母は私に迷惑をかけたくない一心で、呼吸困難に耐えて一晩を過ごしたそうです。

母は今まで大病をしたことがありません。同年代の女性と比べても健脚です。お酒も飲むし煙草も吸います。社交ダンスを楽しみ、ダンスパーティーや打ち上げ、週に1度の映画館通いと、年齢にそぐわない活動的な生活をしていました。しかしインフルエンザにかかってしまったことにより、今までの生活が一変してしまいました。

インフルエンザによる肺炎からCOPD(慢性閉塞性肺疾患)発症

心配をかけたくない一心から、呼吸困難の苦しさを一晩我慢した母。翌日、救急車で総合病院へ搬送されました。

・もともと肺気腫をもっていた
・インフルエンザをこじらせて肺炎になっていた

上記の2点が原因だそうです。

慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。COPDは「タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患」であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病と考えられています。わが国のCOPD患者は確実に増加しつつあり、40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者が存在すると推定されています。しかし、実際には22万人程度しか治療を受けていないことから、多くの未診断、未治療の患者が潜在していると思われます。
出典:日本呼吸器学会

母の肺の状態

「煙草、やめないと将来ぜったい後悔するよ」

嫌煙家の私は、常々母に煙草を止めることを勧めてきました。しかし母は決まってこう答えました。

「好きなもの我慢してまで長生きしたくない。」

お決まりの言い訳パターンです。人は趣向品を我慢できない時、そんな言い回しをして自分を正当化しますから。

うぃるきのこ
いくら言っても聞かないし、健康を害したって本人の責任。好きなようにすればいいさ。

なぜもっと早く、無理にでもタバコを止めさせなかったんだろう。
私は後悔しました。

母は20歳過ぎから煙草を吸い始めたそうで、喫煙歴は50年以上です。数年前から肺疾患特有の症状が目立つようになってきていました。

・空咳がよく出る
・声がしゃがれる
・肩で息をする
・すぐ息が上がる

COPDの最大の原因は喫煙です。

COPDの最大の原因は喫煙です。タバコの煙を吸入することで肺の中の気管支に炎症がおきて、咳(せき)や痰(たん)が出たり、気管支が細くなる事によって空気の流れが低下します。また、気管支が枝分かれした奥にあるぶどう状の小さな袋である肺胞(はいほう)が破壊されて、肺気腫という状態になると、酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能が低下します。COPDではこれらの変化が同時に種々の割合で併存していると考えられています。胸部エックス線写真や胸部CT検査で気腫が多く見られる場合を「気腫型」、気腫がないかあるいはわずかな場合を「非気腫型」と呼んでいます。
出典:日本呼吸器学会

入院治療から検査、COPD(慢性閉塞性肺疾患)との診断

母は即日入院となりました。入院後の治療は、肺炎に対する治療が中心でした。

・抗生物質の点滴
・気管支拡張剤の吸入
・鼻からの酸素吸入

幸いなことに、発熱をぶり返すこともなく、咳と呼吸の苦しさも日を追うごとに良くなりました。母は入院して1週間ほどで退院できました。

その後の経過と現状

退院から1カ月ほどが経過しました。母のCOPDの症状は日を追うごとに悪くなってきています。入院中は毎日の肺疾患に対する治療が功を奏していたに過ぎなかったようです。総合病院から紹介してもらった地元の内科で診てもらいましたが、「COPDの症状は、良くて現状維持。悪ければどんどん呼吸困難がひどくなっていく。」と医師から断言されてしまいました。

処方された薬を飲み、朝夕の吸入をしながら様子を見ている状態です。大きな呼吸困難は退院してから1度も起こしていません。

あなたもCOPDのセルフチェックをしてみてください

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、風邪やインフルエンザ罹患が引き金になって発症することが多いそうです。私の母もインフルエンザにかかったことが原因でした。肺疾患の症状がある、呼吸がしにくいなどの自覚症状が少しでもあるなら、COPD(慢性閉塞性肺疾患)を発症するまえに予防・コントロールができるそうです。
気になる方にはCOPDのセルフチェックをお勧めします。

【COPDのセルフチェック】

COPDの診断は前述の通り、スパイロメトリーという検査を行って確定診断がされます。この検査はクリニックを受診しないと受けることができません。
ここでCOPDのセルフチェックをご紹介します。この検査は”COPDかもしれない””COPDが心配”という人にお勧めです。
COPDセルフチェックをお勧めするのは、すべての方ではなく、以下の項目に該当する方です。

•タバコを15年以上吸っている
•長い間、咳や痰、動いた時の息苦しさがある
•朝起きて最初にやることは”痰を出すこと”である
•歩く速度が遅れてきた
•自分だけ息がきれている

出典:医療法人社団 康裕会 浅草クリニック

COPD(慢性閉塞性肺疾患)になってから後悔しないために、早めの対応をお勧めします。
COPD(慢性閉塞性肺疾患)になってしまったら、酸素ボンベが必要となる場合もあります。うちの母も外出時に酸素ボンベをコロコロ引っ張りながら歩く日が来るかもしれません。

以上、インフルエンザから肺炎になりCOPD(慢性閉塞性肺疾患)になってしまった母親の話 でした。

willkinoko(うぃるきのこ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です