ブログを書く時だって、仕事をするときだって、
結局は、「時間をいかに有効に使うか」
これに尽きますよね。みなさんはブラインドタッチ(タッチタイピング)、できますか?

PCのブラインドタッチは私にとって必須のスキル

スキルってもんでも無いのですが、高速入力ができるからこそ就けた仕事もたくさんありました。
たくさん、というのは、派遣社員でしたからね、いろんな企業で働く機会があったわけです。

結婚してからは子育てしながら在宅入力のお仕事をしていました。
お昼寝の間にひたすら入力・校正・入力!納期に追われ、子どもの発熱などのトラブルもあり、あの頃は大変でした。
でも、あの時期に頑張ったからこそ、今があると思っています。タッチタイピングも運動と同じ。ブランクがあればあるほど、下手になってしまうので。
※在宅での仕事に関しては、また別記事で書こうと思っています。

速く入力できるから複数のサイトを運営できる

文章ヘタだし考えるの遅いし、頭もあんまりよくないし。でも入力だけは速いので、なんとかなっているわけです。
入力するのが苦痛じゃないから、続けられている部分は大きいのかな。

ブラインドタッチ習得のススメ

思い立ったらぜひはじめてください!ブラインドタッチの練習。最初はイライラすると思いますが、すぐに慣れてくると思います。
昔、情報処理の会社でキーパンチャーをまとめるスーパーバイザーをしていた経験からいいますと、上達するには個人差はあるものの、基本に忠実に練習を進めた方が後で上達する速度が加速する、
と思います。慌てて荒く入力しても、BackSpaceキーやEscキーを押す回数が多いとロスが多い。
的確に入力を進めた方が結果的には効率の良い入力ができると思いますよ。

ロスのない入力をするために

1.とにかく、キーボート(手元)を見ないこと。
2.同じテンポでキーをたたくこと。
3.キーをはじかないこと。(なめらかにタッチするイメージ)

どのキーがどこにあるのかわからないなら、キーボードの配列図を見ながら入力するといいですよ。
画面の横に配列図を貼り付けて、その図を見ながら入力するわけです。

もし機会があったら、試してみてくださいね♪

[おすすめサイト]
タイピング技能検定 イータイピングマスター
e
※模擬試験もありますよ。ネットで受験できます。就活の面接の時、どれぐらいの速さで打てるのかを示すには良い材料になると思います。


関連記事

●このブログの運営者


Willkinokoです。大阪在住の会社役員。バツ1、子持ちのアラフォーです。趣味はブログの運営と体を動かすこと。日々、自分の生活に目を向け、感じたことをブログに綴っていきたいと思っています。 詳しく見る

Twitter

●ブログ検索

ページ上部へ戻る