ブログ運営のスランプから抜けだすための10日間

taniku

ブログ記事を書く気にならない状態に突入して約10日。
深く考えれば理由はみつかるのだろうけど、
そんなことはどうでもいい。

書く気にならないスランプから抜けだすためにどうすればいい?
その答えを自分自身の中にみつけました。

書けない理由を考えず、やりたいことをやってみる

書かなきゃいけないと思うから、焦る。
仕事でもあるまいし、何のノルマもないのに、何を焦る必要があるのか。

書けないなら、書かなきゃいい。

またやる気が湧き上がるまで、思いつくままに過ごしてみよう。
そう決めて過ごした時間。さて私は何をしていたでしょう?
もちろん、いつものように仕事と家事はしていましたよ。
それ以外の、いつもならブログやサイト更新をしていた時間、です。

やはり、好きよの

やはり私は、PCに向かっていました。
ちまちまと、CSSをいじったり、記事のフォーマットを変えたり。
画像の整理をしたり、たまった動画の編集をしたり。
仕事で家事で趣味の運動で疲れていても、PCに向かうあたり、
やはり私は好きなのよの。

私を癒してくれるものに手をかける

日ごろ、ほっておいても元気に過ごしてくれる息子や、
日ごろ、ほっておいても元気に過ごしてくれる愛犬や、
日ごろ、ほっておいても元気に過ごしてくれる親友や仲間、
日ごろ、ほっておいても元気に過ごしてくれる多肉植物。

息子には手作りのお菓子と豆から挽いたコーヒーを、
愛犬には丁寧なシャンプーを、
親友や仲間には心のこもった感謝メールを、
多肉には、・・・特に何もしないけど。

coffee

ああ、いつも、私の周りに居てくれて、
私を支えてくれているものたちよ。

ありがとう。

そういう時間が、この10日間には、ありました。

同じことを繰り返さないために

なぜスランプになったのか、ざっくり理由はわかっている。
自分が目指す(おこまがしいが)、大好きなブロガーやtwitterでフォローさせていただいている方々のコメントを読んだり考えを知ったりするうち、勝手に「ああ、自分はいつまでたってもあんな風にはなれない」と、大きな大きな壁を自分の前に建築してしまったのが最大の原因なのは確か。

でも、深追いはしない。
だって後ろを振り向かない性格だから。

人は人、自分は自分。別に、失敗続きだとしても、誰にも迷惑をかけることはない。
書きたいことを書けないジレンマだって、そのうち覚悟を決めれる時が来るかもしれない。

ただ、こんな風に自分の速度にブレーキをかけるような10日間は、二度とごめんです。
だから同じことを繰り返さないために、

「もっと自分らしく、お気楽に」

そう呪文のように唱えながらブログに向き合う。

人は人、私は私。
あの人にしか出来ないことは、私には出来ない。

でも反対に、私の生活は、私にしか語れないのだから。
そして、書かない時間だって、時には必要だってことに気が付いたので。

まぁ、よしとしよう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です