今中学2年生の息子。2日前にインフルエンザB型と診断されたものの、熱は翌朝には平熱になっていました。
子供のインフルエンザ記録を読み返して感慨ひとしお
この記事に書いたとおり、息子が生まれてから今までつけてきた「病気日誌」から、時間があるときに抜粋して記事にしていこうと思います。記録のまま、リライトせずにアップしますね。

小さな子供の高熱に眠れない夜を過ごすママたちの、何か少しでもヒントになればいいなって思います。
え?ならないって? まぁ、そういわずに(^^;

初めてのインフルエンザB型

5歳にして、はじめてインフルエンザ(B型)になってしまった。

【初日】

幼稚園から帰宅して、おやつを食べるまでは元気だったのに、おやつを食べて眠くなり、ぐずりだしたと思ったら、「しんどい」と。計ってみると、40度の高熱がいきなり!
目が涙目になっていて、「目が痛い」「しんどい」と訴える。
5歳でよかった。。2歳や3歳、ましてや乳児ならと思うとぞっとする。さぞ辛くて心配だっただろう。

かかりつけの小児科の午後診にて、インフルエンザの検査。鼻の奥に綿棒をつっこまれて、ギャーと泣いた。
結果は・・・・インフルエンザB型。

熱以外の症状がほとんどなく、インフルエンザの検査で陽性が出なければ「のどの風邪?」と思ったかもしれない。解熱剤を使うかどうか究極迷ったけど、使わなかった。インフルエンザなら使わない方が良いのでは?という思いが頭にあったので。

タミフルを処方され、「本来の免疫力、抵抗力でウイルスと戦わせたほうがよいのでは?」と、服用させるかどうか迷ったが、勝手な判断で重大事を引き起こすリスクを考えて、素直に服用させることにした。

am11:00 タミフル 1回目投与

ただ、鼻と咳のシロップは与えずに様子を見ることにした。

【2日目】

pm5:00 38.7度

日中、熱が高いわりに動き回っている。プラレールをしたり本を読んだりして遊ぼうとする。夕方になるにつれ、熱がどんどん上がって、39度を超える瞬間があった。
二重まぶたが大きくなって、熱がありますよ!という顔つきになっている。咳はたまにゲホっゲホっとするぐらい。

 ・のど 痛くない
 ・おなか 痛くない
 ・あたま 痛くない
 ・手と足 痛くない
 ・目 痛くない

 ・お熱、ありそう?  けっこうありそう
 ・昨日と今日、どっちがしんどい? きのうのほうがしんどい

夕食後に2回目のタミフル服用、うどん・コロッケ・トマト・きゅうりをペロリと食べた。救いだ・・・

pm9:30 39度弱

夜になって鼻がズルズルいいだした。熱が高いものの、昨日に比べると熱になれたのか昨日より元気な気がする。
夜中ずっと38度後半の熱。

【3日目】

am9:00 38度

昨夜は朝まで良く寝てくれた。
鼻がすごいズルズルだけど、元気はある。ずっと室内でドタバタと遊んでいた。

pm7:00 37.1度

pm10:00
就寝したとおもったら30分ほどで「ふえー」といって起きてきた。私が横で添い寝してても、夜中ずっと「ふえー」と泣いていた。
おなか痛いのか?喉が痛いのか?と聞いても、「ねむい・・」とつぶやくだけ。うなされていたのか?

そういえば、タミフルの副作用に「不眠」があると聞いたな。

【4日目】

am8:00 36.5度 平熱になった。

「ようねた・・・」と言いながらおきてきた!
   (人の心配をよそに・・・こんにゃろめ)

終日、平熱。元気もあり、食欲も普段通りに戻っている。

【5日目】

熱が平熱になっているにもかかわらず、夜中に「ふえー」とおきてしまう。甘えが出ているのが、すぐにグズグズいってくる。
ま、元気になってくれれば、それだけでいいのだが。

【6日目】

今日でインフルエンザによる養生も終わり。明日から普段通りの生活に戻れる。
また公園、公園、公園の日々が始まる。

あとがき

同じ布団で添い寝していても、私にはうつらなかった。私はマスクをしていたけど、息子はくしゃみも鼻水も全開だったのに。
初日、いきなりの高熱にびっくりしたが、1日ごとに回復してくたので良かった。支えてくれた目に見えないものに、感謝感謝。


スポンサードリンク

関連記事

●このブログの運営者


Willkinokoです。大阪在住の会社役員。バツ1、子持ちのアラフォーです。趣味はブログの運営と体を動かすこと。日々、自分の生活に目を向け、感じたことをブログに綴っていきたいと思っています。 詳しく見る

●ブログ検索

ページ上部へ戻る