初めてインフルエンザA型と診断されたときの病気日誌です。

インフルエンザB型の記事はコチラをご覧くださいね。
息子の病気日誌より/初めてのインフルエンザB型(5歳)

初めてのインフルエンザA型

【初日】3月2日

夜中、うわ言を言い出した。あれ?と思って手とほっぺたを触ったら、熱い熱い!
38度ぐらいかな、、と恐る恐る熱を計ったら、39.2度あった。

水を飲ませてトイレへ。先週土曜日にお友達がインフルエンザで発熱していて、車に同乗していたので間違いなくインフルエンザだろうと思う。

am5:45 38.6度 脈拍:112/分
トイレ・水分補給。
冷えピタをはって、ミッキーさんの氷まくらで頭を冷やした。炭酸が飲みたいというので、ファンタグレープを自販機で買って来た。
顔はほんのりピンク色

 ・好きな食べ物は?  もも
 ・好きな色は?  あか
 ・一番きらな食べ物は?  ないなー

ゲホン!という突発的な咳でタンが飛び出る、という感じ。
寝ているとき、鼻水がいったりきたりで、イビキをかいている。
このまま熱が下がってくれたらいいのに・・・
熱に気が付かなかったら、この恐怖の時間はなかったのになぁと、私は明け方までまったく眠れず。

【2日目】

かかりつけの小児科へ。検査の結果、インフルエンザA型と判明。
タミフルを処方されたが、熱は37.5度に下がっていて元気もある。
どうしようかなぁ。。。と迷って午後へ突入。
お昼ごはん食べてからタミフル飲まそうと思っていたら、寝てしまっていた。

pm2:00 39.6度 脈拍:120/分

昼食後にタミフル投与

pm4:40 40度超えの発熱!
水分はとれているけど食欲はない。夕食後、クレヨンしんちゃんを見ながら力なく笑っていた

いつもながら、熱の時、忍耐強い子だ。
40度近くても、一人でトイレへ行くし、気持ちがしっかりしている。私に心配かけないようにしているのでは?と思うぐらい。
今日の朝、病院に行って鼻に綿棒入れて検査するっていったら、イヤだとギャーって泣いたけど。

pm9:00 40度

入眠したとたん、伸びをしてガクガクっ!となって、痙攣か!?とびっくりして大声で旦那を呼んだ。
すると、本人、「は?何事?」みたいにキョトンとした表情をしていた。

am12:30 39度 脈拍120/分

脇の下と太ももの付け根に冷えピタを張ったら、少しだけ熱が下がる。実際はもう少し高い熱があるんだと思う。
雪見だいふく1個食べれた。うがいして、また寝た。

私は精神的限界がきて、添い寝を旦那に変わってもらった。
怖すぎる・・・また痙攣するんじゃないかと思って。

am2:30 39.1度

咳が出始めた。水分は取れている。眠れない様子。座らせてテレビを見せてあげた。
その後は明け方までよく寝てくれた。

【3日目】

am9:40 38.1度

朝食はパンとりんごジュース、りんご固形で少々。
友達がジュースとアイスを差し入れしてくれた。

pm2:00 おなかの痛くない下痢。でも元気が出てきて動き回り、よく声を出すようになってきた。咳は少し出ている。

pm2:30 37.2度

pm4:00 下痢でお尻が痛いと大泣き。小児科へ行って、アンダーム軟膏と下痢止めを処方してもらった。
タミフルは続けて最後まで飲むように、とのこと。指示に従う。

pm7:00 37.4度
怖い夢を見たのか、急に起きて「おかーさーん」と泣いていた。

「どうしたらいいんやろう、ウンコ、ウンコ・・・」っていいながら(笑)

幼な心に、下痢が不安だったんだろうね。そこへ旦那が登場して、ゆっくりと話しはじめた。

食べれるようになったら、普通のウンコになるから。今日、お汁みたいなん出たんは、昨日何もたべてないから。お尻が痛いのはすぐに治るから心配せんでえーよ。お薬ぬったから、すぐに痛いの、とんでくから。

ちょっと落ち着いたのか、そのまま又、寝てしまった。
何回も便意をもよおしてトイレへ駆け込むも、水様下痢しかでないらしく、そのたびに、
「おかーさーーん」とお呼びがかかる。そのつど、お尻をキレイに拭いて、アンダーム軟膏を塗る繰り返し。

pm11:00 37.1度

【4日目】

am9:00 36.9度

寝る前のトイレを最後に、下痢は止まった。(下痢止めは結局、飲ませてない)

朝食はパン、リンゴ、ポカリのみ。

お昼は白米、味噌汁など、普通に食べることができた。

【5日目】

終日、平熱に。少し鼻がズルズルするが、元気。久しぶりにお風呂に入って、全快。

あとがき

タミフルは最後まできっちり飲ませた。下痢止めは与えなかった。もしかしたら下痢止めを飲ませたほうが楽だったのかもしれないけど、お尻がシミるタイプの下痢は止めてはいけないと聞いたことがあったので。
高熱が出ているときのガクガクは、ほんとにやめてほしい。恐怖がよみがえる。

インフルエンザB型よりインフルエンザA型のほうが全体的に熱が高く、諸症状もきつかったように思う。


関連記事

●このブログの運営者


Willkinokoです。大阪在住の会社役員。バツ1、子持ちのアラフォーです。趣味はブログの運営と体を動かすこと。日々、自分の生活に目を向け、感じたことをブログに綴っていきたいと思っています。 詳しく見る

Twitter

●ブログ検索

ページ上部へ戻る