膝の水を抜いたほうが良いのか抜かない方が良いのか 3つの判断基準と膝水を抜いた経験談

生まれて初めて膝に水が溜まりました。
膝を痛めた経験がなくて、色々と試行錯誤しました。

”膝に水が溜まったら、抜く方がいい?抜かない方がいい?”

初めて膝の故障(水が溜まる)経験をした人は、同じ悩みを持つのではないでしょうか?
今日は私が体験した膝の故障、「膝の水を抜くか抜かないかの3つの判断基準水」を記しておこうと思います。

以下、私の勝手な考察です。
膝の故障、特に水を抜くべきかどうするか悩んでいる人の、ご参考までに。

膝の水を抜くか否か 3つの判断基準

hiza01

では、理由を書いていきます。

1.膝に水が溜まり、腫れあがって日常生活に支障が出る

膝の水はむやみに抜かない方がいいと思います。「水が溜まるから抜く」という治療・考え方はとっても古いんだそうです。

水が溜まる=炎症が起きている

膝に炎症が起きた時、炎症部分を冷やすため・炎症部分を守るために水が溜まるそうです。
確かに膝に水が溜まると違和感や不安感が大きくて「水を抜いてすっきりしたい!」という心境になります。お医者様によっては「水が溜まったらすぐに抜いてヒアルロン酸注入!」という方針の方もいるでしょう。

でもちょっと待ってください!
なぜ水が溜まるのか?何のために膝に水がたまったのか?
その原因を調べることなく、安易な気持ちで「水を抜く」のは危険です。
安易に膝の水は抜くべきではない” と私は思います。

膝の水を抜くのは『腫れあがって日常生活に支障が出る場合だけ』にした方が良いと思います。

2.急に両方の膝が腫れだした

膝を痛めて膝に水が溜まる場合、炎症の原因が収まれば水は引いていきます。でも、内科的なトラブルが起こった時にも膝に水が溜まることがあるそうです。傷からばい菌・雑菌が侵入して炎症を起こして腫れることもあります。また、体のどこかのリンパ節に炎症が起こった場合(特に膝の場合は足の付け根のリンパか膝裏)も両方の膝が腫れることがあるみたいです。

人間って、一番痛い場所に意識が集中すると、二番目の箇所には意識が及ばないことが良くあります。片方の膝だけに意識が集中して、もう片方の膝の腫れには気が付かない・・・そいういう事案も多いそうです。

急に膝が腫れだした場合は、気を付けて両方の膝をチェックしてみた方が良さそうです。
『両方の膝が腫れている場合は、膝の水を抜いて様子を見る』ことも考慮に入れるべきです。

3.膝以外の関節に痛みがある

膝が腫れて水が溜まった場合、体の他の関節に痛みや腫れがないかに注意してみてください。私の祖母は関節リウマチを患っていましたが、最初は膝の腫れから症状が始まりました。手指の関節や手首、両足首などの可動域が急に悪くなったりしていませんか?もし家系的にリウマチが気になる人は、病院でリウマチの検査をしてもらうべきだと私は思います。ちなみに私は、毎年の健康診断の際にオプションでリウマチの検査もしています。

膝以外の関節に痛みがある場合は、どれだけ膝の水が溜まって腫れていたとしても、まずは内科で診てもらった方が良いと思います。

・・・

以上、膝の水を抜いたほうが良いのか否か、迷った時の判断基準の参考にしていただければ幸いです。

膝の水を抜いた時の状況

ここからは、私が生まれて初めて膝の水を抜いた時の体験談です。

「チクっとするだけだよ」

友達もお医者様も、簡単にそう言いました。
でも実際は違いました。

針を刺したあと、グググっと奥まで押し込まれ、グリグリとかき回されるような感じ。鋭い痛みと鈍痛が交じり合い、何ともいえない不快な状態。抜いた後はヒアルロン酸の注入。局所が膨れ上がるような嫌な感覚。私の場合、約100ccの膝水を抜いたのですが、色は黄色でキラキラした欠片は見えませんでした。
(軟骨がすり減っている場合、抜いた膝の水内でキラキラ光るらしい)

あまりの痛さに声をあげてしまいましたが、「そんなに痛くないはずです!」とお医者様にキツく言われてしまいました。
いや、すごく痛かったんです!
※後日談ですが、お医者様によって痛みはかなり左右されるそうです。(上手いお医者様選んでください)

「あと5回やるので、また来週の同じ日に来てください。」
そう簡単に告げられ、経皮吸収型鎮痛剤(シップ)と痛み止め(ロキソニン)を処方されました。

「どうしても水は抜かなければいけないですか?」
と、あまりの痛さに質問すると、

「安静にしていられるなら抜かなくても大丈夫です。安静にできないんでしょう?」
と怪訝そうな目で言われてしまいました。

膝の水を抜いたあとは、1~2時間、鈍痛が引きませんでした。
しかし水を抜いた瞬間から、あれだけ腫れて曲がらなかった膝がスイスイ曲がるし階段の上り下りも楽々になりました。

1週間後、また水が溜まってきた

時間と共に、また膝に水がたまり始めました。水が溜まってくると膝が曲がらなくなり、熱感を帯びてきます。そして太ももまで腫れた感じがしてきます。膝裏も痛くなってきます。見た目以上に本人的には「腫れている」と感じていました。

o0480036013895109750  ※膝水抜いた1週間後の写真

もうあんな痛みを経験するのは嫌だ!
あんな怖い思いをして膝水を抜くのはコリゴリ!

結局、膝水を抜いてもらった整形外科には足が向くことはありませんでした。

膝の水は抜かなくても引いてくるのか?

そこで疑問がわきあがりました。
「膝の水は安易に抜かない方が良い」という理屈はよく勉強したつもり。
炎症が起こるから水が溜まる。
水を抜いても炎症が治まっていない場合、またすぐに溜まってくる。
これがいわゆる、「癖になる」と言われるゆえん。

では、膝の炎症を抑える治療に重点を置くとして。
この溜まった膝水は、放置しておいても引いていくのか?
疑問に思いますよね。

でも、引いてくるんです!
炎症が収まれば、膝水は引いてくるんです。
ただ、すぐには引きません。ジワジワと引いていく感じです。
でもまた炎症を起こすと、水が溜まりはじめます。

 ・どこに行くにも氷を持参して時間があればアイシング
 ・日常生活で膝を使わないように気を付ける
 ・サポーターやテーピングで膝の皿を固定して負荷をかけないようにする

そう心がけて生活するようになりました。

水が引き始めた2週目

膝の水を抜いてから2週目。やっと膝の水が引き始めました。

hiza0328
  ※上は先週末、下は今日の膝

やはり水が引き始めると、見た目も変わります。
ぼよーんと膨れているようにみれる時は、相当水がたまっているんだと思います。

膝の故障と上手くつきあっていくためのアドバイス

最後に、周囲の膝を故障した経験のある人からのアドバイスを記しておきます。

 ・ハムストリングスの柔軟性を高める(ストレッチ)
 ・太ももの筋肉の強化(膝への負担を軽減)
 ・荷重をかけずに膝を良く動かす(故障個所の修復)
 ・とにかく冷やす(アイシング)
 ・むやみに膝の水は抜かない
 ・膝の故障(原因の特定)はMRI撮影が必要
 ・不安感にはサポーター、テーピング
 ・膝周りの筋肉を緩める(マッサージ)

そうなんです。私も膝水を抜く時にレントゲン撮影しました。「骨には異常ないですよ」という診断。ただ、靭帯などの損傷はMRIでないとわからないそうなんです。なので、膝水が引かない、繰りかえす方は、ぜひ信頼のおける整形外科でMRIを撮って炎症の原因を突き止めてください。

膝の炎症を放置すると、軟骨がすり減って、軟骨がすり減ると修復できないそうです。膝が変形してしまって歩行も困難になる事案がたくさんあるそうです。
単なる膝の炎症・故障だと自己判断せずに、きちんと原因を把握するのが大事ですね。

終わりに

『膝の水が溜まる』 その原因は様々です。外科的な炎症や刺激によるものだけではない可能性もあります。安易に「膝に水が溜まったから抜く」という判断をせずに、しっかり色々な方面から自分の体と向き合って検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です