断酒の記録【5日目】 断酒で友達が減る?断酒成功者の説得力のある話

お疲れ様です。Willkinoko(うぃるきのこ)です。
今日でやっと断酒5日目です。

なんなのだろう、このモヤモヤとした気持ちは。
急に 周囲から取り残された様な寂しさが押し寄せてきました。

この記事は

アルコール依存症ではないけどそろそろヤバイ。断酒しようと思った5つの理由とは

断酒の記録【1日目~3日目】

断酒の記録【4日目】

からの続きです。

お酒を飲まなくなったことで友達が減る?断酒経験者Tちゃんの話

今までは気軽に「今夜、飲みに行こう!」と誘い誘われ、飲めばワイワイと話してウサ晴らし。
しかし断酒をすることによって、飲みに行く回数は激減。(まだ5日目だけど)

もしかすると、このまま友達さえ減っていくのでは。

何の根拠もないのですが、そんな寂しさが押し寄せてきました。

断酒経験者の知人男性、Tちゃんにその話をしました。
すると、Tちゃんはこう言いました。

お酒を止めても友達は減らないから

心配しなくて大丈夫!

Tちゃんも断酒初期には私と同じように感じたそうです。

断酒に成功した、Tちゃんの断酒理由

さすが。経験者の発する言葉には説得力があります。
Tちゃんは、中小企業の社長さんです。私と同じく40代後半の妻帯者です。
Tちゃんの断酒理由は。

お酒に費やす時間を無駄だと感じた
痩せるため
健康を手に入れるため

さすが社長!
良いこといいます。

(Tちゃん論)
お酒を止めるとね。物事の本質が見えるようになってくるよ
洞察力が鋭くなったり、勘が良くなったりするから、
今までには見なかったことが見えてきたりする。

飲みの席には、飲酒欲求が無くなるまでは、行かないほうがいい。
でも飲酒欲求をコントロールできる自信がついたら、
ぜひとも飲み会には行くべきだと僕は思うね。

みんなが飲んで酔っ払って楽しんでる場所に、あえて断酒している自分の身を置くことで、
自分の忍耐力を試すことができるし、今後の酒とのつきあい方を
考える機会になる。

自分は適度に酒を飲んでいける人間か、
一滴も飲まない方がよい人間か
、ということをね。

酒を止めた。断酒した。そういう話をすると、
周囲の人間が自分の考えを押し付けてくることがある。
でも聞き流せばいい。

「その人が正解。」

その選択が正しいか間違っているかは、その選択をする人のもの。
だから、「その人が正解。」

断酒をしようと決めたwillkinokoも正解、
断酒を理解して応援してくれる人も正解、
断酒するなんて意味のないことだと反対する人も正解。

みんな「その人が正解。」

もし、このまま断酒を続けていって。
自分の中で何かが変わって、
「断酒を越えて”飲酒をコントロール”」できる時がきたら、
willkinokoは断酒を止める。

それも正解。
だから気楽に構えていけばいいんだよ。

そして一番大事なことは、
「みんな、”お酒を飲む” willkinoko。」とつきあってるわけじゃないから。

だから、寂しく思うことはないよ。

Tちゃんに感謝。
意味のない寂しさが、飛んでいった気がしました。

続く

断酒の記録【6日目】


アルコールで悩むあなたへ―体験者・専門家55人の証言とアドバイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です