40代後半からのボディメイク!体型はどう変わるか。1年かけてトータルで体重がー8kg、体脂肪がー7%落ちたビフォーアフター

ぶよぶよした下腹を見るたびに、ああもう女としての自分は終わったな。
そう思って落ち込んでいました。しかし1年間頑張りましたよ!
とある理由をきっかけに、ダイエットを決意!1年かけて目標を達成することができたんです。

40代後半からでも、やる気さえあれば体を変えることができることを実感しています。
それは自信につながることでした。

この記事は、ダイエットの方法については書いていません。
50歳目前の私が、1年間自分の体と生活に向きあったことの記録です。

私が太ってしまった3つの理由

妊娠中に10kg増えてしまった

かれこれ20年ほど昔の話です。20代後半で男の子を一人、帝王切開で出産しました。その妊娠中に体重が15kg激増してしまい、妊娠後期には「妊娠中毒症」になる直前でした(汗

出産後5kgほど減りましたが、そこからまったく体重が減ることなく。育児に追われて自分の容姿など構う余裕もなく、そのまま中年太りへの道を突き進むこととなりました。

年齢とともに代謝が衰えた

年齢を重ねると代謝が衰え、基礎代謝も減ります。本来であれば年齢とともに減った分のエネルギー消費量を食事制限や運動で消費するなどで解消していくのが理想ですし、そうすれば太ることもありません。でも私は若い頃と同じ食生活を続け、不要なエネルギーがどんどん脂肪として蓄積してしまいました。

体重が増えると突発的に食事制限して、我慢できずにリバウンド。それを繰り返すうちに、痩せにくい体質になってしまったんだと思います。

年々摂取するアルコール量が増えた

20代のころ、家飲みはしていませんでした。外食時や友人と飲みに行った時だけビールを適量飲む程度でした。
しかし30代になったころから、摂取するアルコール量が増え始めました。晩酌が日課になり、飲酒に伴う食べ物のカロリーも相当だったと思います。

アルコール依存症ではないけどそろそろヤバイ。断酒しようと思った5つの理由とは

2017.10.23

数年前に軽度のヘルニアになってしまい、体幹の力が弱くなったことも太った理由の一つかもしれません。体幹の力が衰えると基礎代謝量も大幅に減少してしまうそうです。体幹を使うことを避けることで、筋肉を使うことが少なくなるのが原因だそうです。

ダイエットを始める前の私の体重と体脂肪率


Max体重:59kg
Max体脂肪:33%

身長:156cm

着痩せして見えるタイプらしく、数値ほど太って見えなかったようです。
でも体のラインは酷い有様で、ビール腹だし全体的にブヨブヨしていて締りのない体型でした。

ダイエットをするきっかけと1年後の現在の数値

ダイエットをするきっかけ

ダイエットを決意したのは2016年11月。いまから1年2ケ月前です。
私はバドミントン(趣味を超えて競技として取り組んでいる)を趣味としていて、全国大会を目指して日々がんばっています。
30代以上が年代別で戦う全国大会に出場したのですが、2回戦で敗退してしまいました。その夜、ホテルの温泉で引き締まったボディをした同年代らしい女性と一緒になりました。とても素晴らしく整った体型で、自分がとても恥ずかしくなったことを覚えています。

翌日、ベスト4が残る決勝戦の会場で、その女性が活躍しているのを見て驚きました。なんと私より5歳上のカテゴリーに出場されていました。あの体で50代。こんなブヨブヨの体をした私が勝てるわけがない!自分の体に向き合って強い体を作る努力をしよう!そう心に決めました。

ダイエットを開始して1年。現在の数値


体重:51kg
体脂肪:26%

ダイエットを開始したころは、数値にばかりとらわれてしまい、食生活の乱れから体調を崩すこともしばしば。しかし体に向き合い続けていくうちに、いろいろなことを学びました。数値は単なる結果であり、数値よりも大切なのは ”体つきや均整が保てているかどうか” 見た目の方が重要だということに気がつきました。

ダイエットを始める前と現在のビフォーアフター写真

明らかに体のシルエットが変わり始めたのは、ダイエットを開始して半年ほどしてからだと思います。細身のウエアを着ることができるようになりました。

体重が減ったにもかかわらず、筋肉量は増えていて、以前よりも俊敏に動けるようになってきた実感も出始めました。

うぃるきのこ

お腹まわりは10cm減りました。
猫背が治りました。
背中のぜい肉が減りました。

いま現在、断酒を初めて2ケ月半。ぽっこり下腹が少しずつ減ってきて、徐々に引き締まった腹回りになってきました。

1年間続けてきたダイエットの内容

食事の仕方を徹底的に変えました

ダイエット前の食生活

ダイエットを始める前の食事、いま考えると ”そりゃ太るわ” という内容です。

・朝食 菓子パン
・昼食 とんかつ定食やファーストフード
・夕食 カレー
・夜食 ビール&スナック菓子


このような生活をほぼ毎日続けていました。

特にファーストフードは、よく気軽に食べてましたね。糖質・脂質・カロリーばかりで栄養素がほとんど摂れません。

ダイエット後の食生活

タンパク質を中心に糖質を最低限に抑えた食生活をしています。
例えば今日のブランチ。

サラダから食べ始め、お腹いっぱいになったら残します。
ダイエット中の食事については、人それぞれ考えかたが違うので自分の方法をお勧めするつもりはありません。
自分にあった方法を自分で見つけて継続することが大切だと思います。

うぃるきのこ

食べなければ簡単に体重は減ります!でも筋肉量が減って基礎代謝も減ってしまいます。単に細いだけの体より、しっかり筋肉のついた均整の摂れたボディになりたい。そのために食事はすごく大切。何をどう食べるのかで明日の自分が作られていくことを、この1年で実感しました。

運動および筋トレ

綺麗に痩せるには運動しかありません。
趣味のバドミントンに加え、1ケ月にTOTALで50kmほどのウォーキングも取り入れました。

仕事で疲れた時のウォーキングは脳をリセットする働きがあります。疲れた時こそアクティブレスト!

均整の摂れたボディを作るには筋トレが有効です。
別にゴツい体になりたいわけではありません。脂肪を燃焼させてくれる筋肉を増やすためです。

プロの専属トレーナーにつけば、もっと簡単にボディメイクできるのですが。
いまの私には時間を捻出できませんので自宅トレーニングです。

毎日必ず湯船につかるようになりました

体を冷やさないことはダイエットに効果的。フィットネスで疲れた体もしっかりお湯につかることでリセットしやすくなります。湯船にしっかり使って体を温めるのを日課としています。時間に余裕がある時はスーパー銭湯へ出かけてしっかり温泉で体の疲れを癒します。

体脂肪を減らすのに効果的な岩盤浴

体脂肪を減らすのにお勧めなのは岩盤浴。運動でかく汗とは違い体に蓄積した老廃物を排出する効果があり、翌日は体脂肪が減っていることが多いです。浮腫みもましになりますよ。

水をたくさん飲むことを心がけるようになりました

ダイエットやボディメイクをしている人が口を揃えて発信しているのが”水を飲むことの重要性”。最低で1日に2リットル、多い人で4リットルの水を脳ことを推奨されています。

プロテインやサプリメントを摂ると腎臓に負担がかかるらしいので、意識的に水分を多めに摂ったほうがいいそうです。(ただし腎臓病の方は水分の取りすぎも負担になります)

軟水より硬水のほうがダイエットには向いているらしいのですが、コントレックスなどの硬水は飲みにくい。水道水は塩素などが気になる。ペットボトルのミネラルウォターは買いにいくのが面倒だしゴミが増える。
なので私は自宅にウォーターサーバー設置しました。設置無料だし、置くスペースのある方にはお勧めです。

今後の目標

1年前に立てた目標の数値はクリアしました。
今年の目標は、

 ”自信を持てるボディになる”

年齢が年齢なので、なかなか難しいですが、頑張ってみます。
自制できない人間が仕事でも成功するとは思えないので。

インスタグラムを始めたのですが、素晴らしいボディの女性の投稿を見るたびに心が躍ります。日々の努力があるからこそ、あの体型を維持できる。自分がダイエットに向き合ったからこそ、わかることです。

日々精進、頑張ります。
これからのキーワードは、ダイエットではなく、「ボディメイク」

体脂肪率を20%前半まで絞る

これでいきますV

Willkinoko(うぃるきのこ)