あなたは義理チョコやめますか?「日本は義理チョコをやめよう。」GODIVAの粋な新聞広告から感じたこと

お疲れ様です。Willkinoko(うぃるきのこ)@willkinokoです。

GODIVAの新聞広告、ご覧になりましたか?
2018年2月1日。日本経済新聞に、GODIVAが粋な広告を全面に出しました。

日本は、義理チョコをやめよう。

高価なGODIVAのチョコレート。単なる義理チョコとして配る人は少ないかもしれませんが、バレンタインデーを控えた今の時期に以外な切り口で、かなりインパクトの強い広告です。

GODIVAが発信した「義理チョコをやめよう」というキャッチフレーズは、義理チョコを苦痛に感じている女性の胸に響いたのではないでしょうか。
年々ヒートアップする義理チョコや友チョコの渡しあいに、疲れている人が多いと聞いていますので、この広告を見て考えさせられました。

うぃるきのこ
義理チョコってなんだろう?

まずは本日のGODIVAの広告の内容から。

GODIVAのメッセージ(広告)

※以下、2018年2月1日 日本経済新聞のGODIVA全面広告より抜粋します。

日本は、義理チョコをやめよう

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。
その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。

・・・・

そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。
社内の人間関係を調整する日ではない。

・・・

気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。
そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。
愛してる。好きです。本当にありがとう。
そんな儀礼ではない、
心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

バレンタインデーを、好きになってください。

GODIVA
~ゴディバジャパン株式会社
代表取締役社長
ジェローム・シュシャン

※抜粋終わり

よく考えられた広告だと思います。
比較的高価なGODIVAのチョコレート。義理チョコとして不特定多数に配布する女性は多くないと思います。

うぃるきのこ
愛してる。
好きです。
本当にありがとう。

熱い気持ちをチョコレートにのせて
伝えたい想いをGODIVAに託してほしい
あなたの心からの感情を、GODIVAは大切にしたい

そんなメッセージを私はGODIVAの広告から受け取りました。

義理チョコってなんだろう?

私は今まで義理でチョコレートを配った事がありません。
義理だったら飴玉ひとつで事足ります。

”義理チョコをやめるか。今までの様に無理してでも渡し続けるか。”
そんな事で頭を悩ませるのは時間の無駄だと思います。

自分の気持ちをしっかり見つめてみることが大事で、バレンタインデーにチョコレートを渡すという行為が大事ではないと思います。


 ・みんなが渡しているから
 ・友チョコのお返しをしないといけないから

そんな気持ちがある限り、義理チョコは苦痛だしバレンタインデーは面倒くさいだけのイベントでしかありません。気持ちのこもっていない単なる義理チョコは要らないし、受け取る側が気を利かせて「今年は義理チョコ、ムリしないで。」と言ってあげるべきかなと思います。

私は、義理チョコは今年も渡しません。自分が感謝を伝えたい人に、自分が選んだ大好きなチョコレートを心をこめて贈りますが、それは”義理チョコ”ではありません。(便宜上、義理チョコと呼んでますが。)

バレンタインデーに贈るチョコレートは、日ごろの感謝や相手を思う気持ちを伝えるための、大切なツールだと思っています。

うぃるきのこ
いつもありがとう
お世話になっています
美味しいチョコレートで疲れを癒してください
これからもよろしくお願いします

相手を思う気持ちで贈るチョコレート。義理チョコと呼びたくないだけ?かもしれませんけどね。

さて。あなたは今年も”義理チョコ”を配りますか?
それとも・・・

このGODIVAの広告を見て、GODIVAの2018年のバレンタインコレクションを検索した私。GODIVAの広告がどれほど成功したのかを物語っていると思います。すごいです。

GODIVA 2018 バレンタインコレクション

以上、あなたは義理チョコやめますか?「日本は義理チョコをやめよう。」GODIVAの粋な新聞広告から感じたこと でした。

willkinoko(うぃるきのこ)