山口達也メンバーはアルコール依存症?断酒から188日が経過した私の「断酒を継続するための目標のたてかた」とは




TOKIOの山口達也メンバーはアルコール依存症なのでしょうか?先日からテレビをにぎわしている山口達也メンバーですが、「退院したその日の昼から泥酔するぐらい深酒をした」と報道されています。

アルコール依存症の一歩手前だった私は、「ああ、山口達也メンバーはアルコールに負けたな」と感じました。

過去記事>>アルコール依存症ではないけどそろそろヤバイ。断酒しようと思った5つの理由とは

そんな私も、断酒を開始して半年が経過しました。

【断酒開始:2017年10月22日】

  断酒日数 188日 
  断酒週数 26+6日
  断酒月数 6ヶ月+6日

簡単に半年間、アルコールを我慢できた訳ではありません。あんたが酒を止めるなんて無理!と言われたほどの呑み助だった私が断酒に成功したのは明確な目的を持ったからでした。


あなたはお酒を止めたいですか?
お酒を止めるなんて無理だとあきらめていませんか?

今からでも間に合います。明確な目標を持てば、我慢の限界を1日ずつ積み重ねることができるかもしれません。目標を持ってください。頑張れば達成できるぐらいの目標を。その目標は、出来れば1年頑張れば達成できる範囲の目標が良いと思います。

山口達也メンバーには、大切な仲間や仕事もあったはず。ダッシュ村での彼は、頼もしくて器用に何でも出来る「かっこいい大人」だと思ってたのですが。
何も目標を持っていなかったのでしょうか?

報道を見ながら、そんなことを考えていたら、自分の「断酒に対する目標のたてかた」を語りたくなりました。
お時間があれば、続きを読んでくださると嬉しいです。

断酒を継続するための目標のたてかた

お酒を飲まない1日を積み重ねるという目標

たかだか半年ぐらいの断酒でエラそうなことは言えないかもしれません。禁酒ではなく「断酒」という言葉を使っているのですから、この我慢は永遠に続きます。アルコール依存症を克服すべく、断酒に向き合っている方々が口を揃えておっしゃるのが、

飲まない1日を積み重ねていくだけ

ということだと思うんです。お酒を止めるために必要なのは、「飲まない日」を1日ずつ過ごしていくだけ。長いスパンで目標を立ててしまうと挫折しやすいと聞きます。まずは1日ずつ。「今日も飲まなかった」という日を積み重ねることを目標にしてみませんか?

明確な数字を目標として掲げる

数値は目に見える指標になるので、お酒を止める目標として掲げると断酒に有効に働きます。明確な数字で目標を表現してみませんか?

■たとえばダイエット(体重などの数値)

例1)お酒を止めることで10kg痩せる
例2)お酒を止めることで体脂肪を5%減らす
例3)お酒を止めることで中性脂肪の値を10%下げる

など。数値が改善されるに従い、容姿にも良い変化が訪れてきます。断酒のモチベーションが上がりますよ!

■たとえば断酒する日数

”飲まない1日を積み重ねる” ことがメンタル的に苦痛でなくなってきたら、次は断酒する日数を目標にしてみてはどうでしょう。

例1)1カ月は絶対にお酒を飲まない
例2)500日間は絶対に飲酒しない

など。日数をカウントすることは、断酒中に私が良く行っていたモチベーション維持方法です。

参考:keisan(日数計算)

■たとえば断酒で浮いたお金

お酒を止めると、お酒を飲むために使っていた金銭が手元に残るようになります。「断酒貯金」をはじめてみるのはいかがでしょう?

例1)お酒を飲んだ「つもりで貯金」500円硬貨を貯金箱へ
例2)お酒を止めて浮いたお金を貯金して家族旅行に行く計画を立てる

など。お酒を止めると、今まで使っていた外食費が格段に下がります。すぐには実感できないかもしれませんが、「断酒貯金」をすることで、どれだけお酒に無駄な金銭を使ってきたかがわかるでしょう。

あとがき

断酒は正直、辛いです。飲みたくて仕方ない夜もあります。でも断酒の目標を立てることで、我慢をモチベーションに変えることができれば、断酒を継続することができると思います。自力で無理な場合は、家族のフォロー、自助グループの手助けが必要となると思います。

アルコールが原因で失敗した山口達也メンバーは、もうTOKIOには戻れないかもしれないと思うと寂しくて切なくなりますよね。後悔した時には遅い。お酒に体を蝕まれ、精神を痛めつけられてしまう前に、自分自身で明確な目標を立て、弱い自分に打ち勝っていくことができればいいな。私はそう思います。山口達也メンバー、アルコール問題を克服して芸能界に復帰できるといいですね。

スポンサーリンク