HTTP500エラーが出てwordpressのサイトが真っ白に!エラー原因とサイト回復のために行った方法




WORDPRESSで運営しているブログにアクセスしたら、画面が真っ白で、HTTP500エラーが出ていました。
結果から言いますと、HTTP500エラーの原因はプラグインの干渉が原因でした。

この記事は下記の項目に該当する、wordpress初級者の方に読んでいただきたいです。
ちなみに今回HTTP500エラーが発生したレンタルサーバーは「エックスサーバー」です。

  1. wordpressでブログを運営している
  2. 突然画面が真っ白になりHTTP500エラーと表示されている
  3. wordpressの管理画面にも入れない
  4. サーバーのアクセスログに異常がない
  5. CGIの誤作動に思い当たる節がない
  6. htaccessの設定を変えた覚えがない
  7. PHPファイルの記述を変更していない

HTTP500エラーはサーバーに何らかの原因がある時に表示されるエラーです。
(ここではHTTP500エラーに関する詳細な説明は割愛します。)

wordpress 500エラー 解決まで

wordpressから管理画面に入ることができないため、エックスサーバーにログインして設定を確認することにしました。

PHP5.6.30をPHP7.1.2(推奨)に変更してみました。

PHP5.6.30をPHP7.1.2(推奨)に変更してみました。すると、HTTP500エラーに代わり、mysqlエラーが画面に表示されました。

お使いのサーバーのPHPではwordpressに必要なMySQLを利用できないようです。

wordpressのバージョンとの関係なのでしょうか。

wordpressのプラグインを全て停止してみた

FFFTPソフトの管理画面で該当フォルダに存在するプラグインを全て停止しました。
停止させるにはプラグインのフォルダ名の名前を変更します。
わかりやすい様に、フォルダ名の頭に@を付けました。

使用中のプラグインを全て停止すると、サイトが表示されました。

全てのプラグインを1つずつ有効化(@マークを外す)して干渉しているプラグインを探します。

wordpress 500エラーの原因は

wordpress 500エラーの原因は、wordpressプラグイン「redirection」でした!

すべての 301 リダイレクトを管理し、404 エラーをモニターできる、wordpressのプラグイン、「redirection」を有効化させるとエラーになることが判明しました。

wordpressのバージョンが最新版ではなかった(wordPress 3.8.25)ため、プラグインが正常に動作しなかったようです。

wordpressの管理画面に”プラグイン redirection/redirection.php はエラーにより停止しました。エラー: プラグインファイルが存在しません。”と表示されていました。

参考:wordPressでプラグイン更新したら500 Internal Server Error(HTTP500エラー)でダッシュボードに入れなくなった時の対処法

wordpressを最新版に更新した

wordPress 4.9.4–ja に自動更新するか、手動でパッケージをダウンロードしてインストールできます。

wordpressやプラグインを更新する際は、最新の状態にバックアップすることをお勧めします。ちなみに私はエックスサーバーにある機能を使い、自動更新設定をしています。

サーバーデータを毎日自動で保存し、一定期間データを保持する「自動バックアップ

干渉していたプラグインを有効化した

wordPress を最新の 4.9.4–ja に更新してから、プラグイン「redirection」を有効化しました。

サイトは正常に表示されました。

さいごにひとこと

  • 1.wordpressは常に最新データをバックアップしておく
  • 2.wordpressのバージョンは最新に更新をしておく

 

以上、HTTP500エラーが出てwordpressのサイトが真っ白に!エラー原因とサイト回復のために行った方法 でした。

The following two tabs change content below.

スポンサーリンク